夏の畑でつらいのは、暑さもさることながら、蚊です。
携帯用ベープとかつけてみたりしたこともあるのですが、あまり効果が感じられず、腰に着けてるのがうっとおしくてやめてしまいました。
そして先週も、草取りしてる間に耳元であの

プーーーーーーーーーーン


という音が・・・
家に帰ったら、アゴの下と耳と、足の何カ所かを見事に刺されておりました。


そんな毎年の悩みでしたが、先日、ハッカ油の効能というのをネットで見つけまして。
ハッカ油スプレーをつくって網戸に吹き付けておくと小バエが来ないとか、虫除けになるとかいいこと書いてあったので、ものは試しでやってみました。

必要なもの
ハッカ油(ドラッグストアで800円でしたが他のお店行ったら600円だった・・ガーン)
無水エタノール

アロマ用のスプレーボトル(アルコール耐性のあるボトル)

d0160852_10341760.jpg


ハッカ油は水に溶けないので、まずエタノールに溶かしてから水を加えるんだそうです。
そして材料は揃ったのにスプレーボトルがなくて、探し回りました。結局アロマ屋さんで買えましたが、消毒用アルコールスプレーのボトルを再利用しても良いそうです。
アルコール耐性のあるボトルでないと、プラスチックが溶けてきたりするそうです。持って歩くのでなければガラス製がいいかも、とお店でも言われました。


肌に直接吹き付けるのは抵抗があったので、野良着と帽子にスプレーしました。
スプレーしたあと着ると、スースーして気持ち良かったです。

そして!
畑で一度、プーーーーーン、という音を聞きましたが、全く刺されませんでした!
もしかしたら効果あるかも、ハッカ油スプレー!

ということで、しばらく続けてみようと思います。
[PR]
by daphnid | 2016-07-23 10:35 | 2016春夏 | Comments(2)

モロヘイヤ発芽

ゆうべ、夜中に雨が降る予報だったので喜んでいたのですが、このあたりでは結局降りませんでした。
仕方が無いので朝のうちにまた水をやりに行きました。
他のみなさんも「雨が降ると思ったんだけどねえ」と言いながら忙しく水やりされておりました。


モロヘイヤとテーブルビートの芽が出始めました!
モロヘイヤの芽って可愛いんですね(カメラ持って行かなかったので写真なし)


ネギにアブラムシ(黒いの)が大爆発してまして、らっきょうが完全に枯れ、ニラが全滅してました。
エシャロットだけでなくニンニクにも波及していたので、ジョチュウギクエキスを噴霧してきましたが・・・間に合うでしょうか。
なんだってまた今年はこんなにネギ系にアブラムシがついているのか、全くわかりません。
幸いにして玉ねぎにはついていないようでしたが、何をやっても大丈夫だったニラがダメになっているのはかなり心配です。
窒素過多になるとアブラムシがつきやすいとは聞きますが、ニラの植わっているところには肥料を全然与えていないんです。
むしろ肥料がなさすぎて弱ってきちゃったのでしょうか?
ニラの真下にはモグラトンネルが通っているので、根っこが浮いて弱ってしまったのでしょうか。
なぜか弱りかけの植物に、アブラムシってたかりますよね。
[PR]
by daphnid | 2015-05-05 20:39 | 2015年春夏 | Comments(0)

初対面

涼しくていいですね!
こんな日にやらないでいつやる・・・!
ということで、草刈りに行ってきました。

といっても、草を根こそぎ退治なんてとてもできませんので、刈るだけです。
トマトやキュウリの畝の横は、風通しをよくしないと病気になるというので一生懸命刈り取りましたが
他はテキトーです。

ズッキーニの横を刈り取っていたら、何やら、見慣れない色が。
ゴミでも飛んできたのかとよく見たら

d0160852_1119710.jpg


一瞬、なんだかわかりませんでした。
虫なのは理解できたんですが、「知ってるぞこれ知ってるぞでもなんだっけえーとえーと」が0.5秒くらいあったように思います。
よもや、畑で羽化したてのセミに会うとはねぇ・・・
写真左上が古いお洋服のようです。
セミは幼虫の時木の根っこから樹液を吸って生きてると思っていたのですが、うちの畑の地下で、はたして何を食べて生きてたんでしょう?

1時間後。ちょっと色が変わってきました。

d0160852_1122968.jpg


さらに30分後には、ちょっと動けるようになったらしく、少し上の方に移動してました。
私は帰っちゃったのでその後はわかりませんが、今日は涼しかったんだから観察してても良かったんだなぁ・・・


はじめて作ったミニカボチャ「栗坊」に実がつきました!

d0160852_11232697.jpg


ミニカボチャだから棚栽培でもいけるだろうと、キュウリ棚の半分をカボチャ用にしたのですが
カボチャのつるは棚にヒモかなんかで結んでいかないとダメなんだろうと思っていたのです。
まさか、カボチャにも巻きひげがあるなんて。知りませんでした。
おかげで、適当に芽を誘引するだけで楽してます。
花はいっぱいついてるのですが、はたしていくつ収穫できるかな?
[PR]
by daphnid | 2012-07-21 11:25 | 2012年春夏 | Comments(2)

その他モロモロ

玉ねぎ以外の記録です。

トウモロコシに穂が出てきました。
まだ背丈が1mに満たないくらいなんですけどorz 今穂が出ちゃってこれ収穫できるんでしょうか?

d0160852_65216100.jpg


そら豆はやっぱりご臨終です(泣)

d0160852_653710.jpg


1本だけ、大きめの莢が3つくらいついてるのがあったので、それを残して抜きました。
跡地にはズッキーニを植える予定なんですが、病気の菌はまだいるはず・・・
植えても大丈夫なものでしょうか?


ニンニク試し抜きの時。
ニンニクの葉っぱになぜかモンシロチョウがとまってました。
何やってんだろ?と思ったら・・・・

d0160852_649554.jpg


やっぱりニンニクで精つけてってこと・・・・?

その他
カブのまびき
グリンピースそこそこ収穫(でもグリンピースも病気が出ていて、いまいちな株が半分。豊作は見込めなさそう)
三寸にんじん発芽はじまる
トマト急激にのびる
[PR]
by daphnid | 2012-06-03 06:56 | 2012年春夏 | Comments(2)

ゴマよごし・・・orz

サンサンネットをかけてあった白菜が無事に巻き始めました。

d0160852_15362710.jpg


モンシロチョウもそろそろいないし、ご近所の畑はみんなネットかけてないし、うちのもそろそろ外したほうがいいかな・・・と思ったら・・・

d0160852_15381584.jpg


テントウさんのお子さんが。どうもそろそろさなぎになりたい様子。

d0160852_15384837.jpg


よく見たら、ネットの縁部分にやたらにテントウさん・・さなぎになってる方々も。
風が当たらないからここでさなぎになって越冬するのかな?
と思ったらちょっとネットを外すわけにもいかないなぁ・・・なんて思ってたんですが・・・

ちょっと待てよなんでこんなにテントウさんが集結してるわけ?


次におそるおそる目をやった、ご本尊の白菜さま・・・・

d0160852_1540777.jpg


なんですかぁあああっこのビッチリ灰色と黒はあああっ!!
アブラムシぃぃぃぃぃぃぃ! 羽根つきぃぃぃぃぃぃぃ!!!!


この写真じゃよくわかりませんが、もう、ほんとにびっしりアブラムシがついてるんです。
白菜のゴマよごしみたいになってます。
そしてネットをよく見たら、ネットの内側に羽根つきアブラムシがびっちり・・・

アブラムシ培養ハウスになっていたorz

モンシロチョウがたかる方がまだマシだったかも・・・
こんだけわさわさ増えても天敵さんたちもネットの中に入ってこられないからアブラムシパラダイスだしorz
というかネットの編み目の隙間通って入って来たんだったら外に少しは出て行ってよorz
サンサンネットの銀線ってアブラムシよけじゃなかったのかとかいろいろと言いたいことはあり・・・

まさかこの時期アブラムシがこんだけいるなんて予想してなかったし、トウガラシエキスも石けん液もみんな家に置いてあります。
取りに戻るガッツもないし寒くなってくるし・・・・そのままにしておくわけにもいかないし・・・・



高圧洗浄を試みました。



高圧洗浄といっても、単にトウガラシエキスとか吹き付けるスプレーで、ノズルを絞って直線状に出るようにして、それでガガーと奴らを洗い流してみただけのことなんですが。
白菜の葉っぱってでこぼこしてるので、なかなかキレイになりません。テントウさんたちにはかからないようにしなきゃいけないし、たかだか5株程度の白菜だというのに、1時間もかかりました。
気休めですよね・・・だってタダの水だもんorz 畑の井戸水だから塩素すら入ってないもんorz


あとはネットを外して(といってもテントウさんのことがあるので、南側にめくって支柱の根本に洗濯ばさみで止めただけですが)、外界の天敵さまたちが集ってくださるのを待つのみ・・・


本日の教訓
ネットはさっさと外そう
でした。


今日は久しぶりにホゲ男も見かけたのに・・・
↓ホゲ男
d0160852_1547428.jpg


鳴き声、どうしても私にはホゲ−、ホゲーにしか聞こえないんでうちではホゲ男と呼んでいます。
写真、もう少し大きく撮りたかったんですが、すぐ横を歩いて行くくせに、こちらから近づいていくと走って逃げるんですよね。
近くにもう一羽ホゲ男がいたようで、鳴き声を競ってました。
[PR]
by daphnid | 2011-11-23 15:49 | 2011年秋冬 | Comments(2)

ネギ植え付け一応終了

先週植え替えしたくて土曜日に抜いたネギですが
結局日曜日は雨になってしまい、ベランダで1週間干しネギとなっておりました。

昨日も雨の予報だったので諦めていたのですが、午前中どんよりと曇ってはいたものの降っていなかったので
気温も低く、こりゃ行くしかないと思って行って来ました。

d0160852_922894.jpg



去年は余裕を持って、同じくらいのスペースに2列で植え付けてたんですが、近隣のプロの畑を見る限りではもうちょっと詰まった感じだったし、他に植え付けスペースもない(あるんですけど草ボウボウで前作片付いてないし・・)ので、もとの畝に今度は4列半で植え付けました。
なぜ4列半?というのは・・・
まっすぐ植え付けたつもりが、よく見たら1列目と2列目3列目が畝にたいしてナナメになっていて、4列目との間にびよーんと半端なスペースができてしまったので、そこにもすこし追加で植えたからです。
それでも若干苗が余ったので、畑用具おいているあたりに無理矢理植えてきました。
かなり適当な場所(通路ぎわとか)に植えてもそれなりに育つのは去年経験済みなので。

ネギ畝の周りはもう見渡す限りの草原です(泣)
ほんとは草刈りもしたかったけど、これ以上やって腰を悪化させたくないので、ネギだけ!と自分に言い聞かせてここで終了しました。
こんなに気温が低くて曇りで、農作業びよりだったのに・・・・orz


前回掘り起こして活性炭を入れたアスパラは・・・

d0160852_97876.jpg


新しく出てきていた芽はしおれてしまっていました。
どうやら掘り起こしたときに傷つけたようです。
次の芽はまだ出ていませんでしたが、さて・・・・頑張って頂きたいものです。


今年はなにしろ定期的に雨、というか続いて雨が降ってるので、サトイモはいい調子で大きくなっています。
やはり親芋をタネにしたのが良かったのか・・・・なんという繁茂っぷり。

d0160852_99757.jpg



バンカープランツとして有名なソルゴー、今年、風よけをかねて植えてみたのですが、ほんとにこれでアブラムシおとりになってくれるのかいな?と思ってましたが・・・
なってるみたいです。
今日みたら、かなりの数のテントウムシがいました。
ちょっと目をやると、3、4匹は居ます。目線を移動した先にも同じくらいいて。さなぎや幼虫も結構ついていました。
ただねぇ・・・実がつかないようにしたほうがいいみたいです。スズメさんたちが大挙して押し寄せたらしく、一時期はふんだらけになってしまってました。
もう、実は全部つつかれてカラになってます。来年またタネまくのに取っておくつもりだったのになぁ・・・
あ、でもスズメさんたち、ついでに虫を捕ってくれたかも?
だから一時期あれだけわさわさいた、サトイモのイモムシが少なくて済んでいるのかも?
(サトイモはソルゴーのすぐ横に植えてあります)

やりたいこと覚え書き
袋ごぼうの収穫
草退治・・・・orz
トマト、キュウリ、ズッキーニ、インゲンの撤収
白菜とカリブロの育苗
タマネギの育苗(直まきかどうかの決断)
秋ジャガイモ用の畝作り
年内収穫タマネギ用の畝作りと植え付け
カブと大根の種まき
・・・・・・・・・・やりたいことが多すぎますorz
[PR]
by daphnid | 2011-08-28 09:14 | 2011年秋冬 | Comments(2)

テントウムシリクルート

雨が続いて寒かったですが、土曜日は見事に晴れてくれました。
そこで・・
アブラムシ退治に念を入れるべく、テントウムシをリクルートにでかけました。

場所は会社の近く。
カラスノエンドウがたくさん生えているのですが、そこにびっちりとアブラムシがたかっており、テントウムシの親子がたくさんいます。
親はすぐ飛んでっちゃうので、若い衆をリクルートすることに。
あっというまに20名ほど集まりました。所要時間5分。
カラスノエンドウなんて生命力旺盛な雑草でもここまでアブラムシにやられてしまうんじゃ、畑のソラマメなんてひとたまりもないよなぁ・・・なんて思ってしまいました。
不思議なのは、道路(幅3mくらい)の反対側のカラスノエンドウには全然アブラムシがたかってないのです。どうしてだろう?

それでいそいそと我が畑へ走っていきまして、さて精鋭部隊を送り込むぞ−!と思ったら・・・・

アブラムシいないんですけど!!!

どうも先週の剪定およびパイベニカ攻撃に加え、ここのところの雨(結構勢いが強かった)で流れたみたいです。
ガーン。どうしよう。本当ならここ喜ぶところなんですけど!?
「食べ放題だよーいいところだよー」と連れてきてしまった隊員達の処遇はどうしたら?

結局、おとなりさんのソラマメに全部放してくることに・・・まあいいんです。ここでいついて増えてくれれば、いずれアタシの畑にも・・・・

隊員の写真を撮ろうとしたのですが、あっというまに各所へ散ってしまって、撮影できませんでした。


d0160852_1833225.jpg

春菊満開、ロマネスコも満開・・・

d0160852_183526.jpg

下仁田ネギの葱坊主、なぜか頭飾りつけて、これぞまさに坊主の花かんざし?(cf.佐藤愛子)

d0160852_184110.jpg

隊員達はここに放しても、と思ってたけどなんの心配もいらなかったディル・・・これはこぼれ種から増えました。花が咲く前に食べなくちゃ。

d0160852_184157.jpg

サマーキセラめでたく発芽、鳥にもやられず済みました。


d0160852_1843841.jpg

袋ゴボウもやっと本葉が展開してきて、一安心です。


d0160852_185440.jpg

ズッキーニはこんなにヒョロヒョロのくせに花が咲き始めたので、ビニールトンネルとネットトンネルを外しました。

作業覚え書き
にんじん、春菊、ほうれん草のまびき
ソルゴーの発芽確認
トマト、シシリアンがひょろひょろ・・・それでも一応あんどんを外し、掘り出してポットから抜いて本植え。仮植えしてもあまり効果がなかったです。
[PR]
by daphnid | 2011-05-14 18:05 | 2011年春夏 | Comments(4)

農薬の適用範囲

先日ソラマメにジョチュウギク農薬(パイベニカ)をかけてきたのですが・・・

よく見たら、豆類は使用範囲に入ってなかったorz
農薬の取り扱いとしては、アウトです。

どうして豆類は入ってないんだろう・・コマツナが入っているのに。
ジョチュウギクから抽出した成分で、光にあたってすぐ分解していくから残留しないし、コマツナにだって収穫7日前まで使えるのに・・・
そもそも、天然系で分解が速いというのでこれを買ったんですよね。

豆類の生育に良くないとかそういう理由なのかもしれません。
ともあれ、今回のは大失敗。

その点、水あめ農薬とか、石けん水系農薬なんかは、適用範囲が「野菜類」になってるので問題ありません。使用回数制限もないですしね。
やっぱり水あめ農薬を見つけ出して使うべきだった・・・
反省しております。

今日は久しぶりに快晴なので、畑に行ってもう一度ソラマメを点検してきます。
まだアブラムシがいたら・・・ということで、これから家捜しして水あめ農薬を探し出します。

*追記*
住友化学園芸に問い合わせをしてみました。なぜソラマメに使ってはいけないのか?と。
ダメなものはダメなのですが、どうしてダメなのか理由が知りたかったのです。
答えは・・・
ソラマメに対する安全性試験をしていないからだそうです。
他の作物についてはきちんと安全性試験をして、大丈夫というデータが取れているのだそうです。
すべての作物についての安全性試験なんかできませんしね・・・(何年もかかるし、お金は数千万円かかるはずです)
もしかしたらいずれソラマメに対する試験が行われて、使って良いことになるかもしれません。
それまではお預けですね。
[PR]
by daphnid | 2011-05-08 08:05 | その他 | Comments(2)

寒いっ!!!

天気は良かったけど、風が冷たくて寒かったこの土日・・・

急激に冷え込んできて霜は降りるわ、霜柱は立つわで、土盛りしてある里芋、だめになってしまったかもしれないと思って、仕方がないから全部掘り出そうと決意して畑に向かったのですが・・・

あまりの寒さに挫折。
オータムポエムだけ摘み取って、タマネギとエシャロットに追肥して籾殻くん炭まいて、もうあとはいいやで逃げ帰って来ました。
これが土曜日12時頃の話。
その後も冷えたからだが全然暖まらず、苦しい午後となりました。
吹きさらしの畑はこれだから辛いですね。風が当たるぶん、霜はつきにくいみたいですが。

いまひとつ気乗りのしない状態でしたが、今日も仕方がないからチャレンジしにいきました。
とりあえず育ちすぎた大根を1本収穫。また根にもならずいい具合でしたが、アブラムシが結構たかっていました。
それから下仁田ネギを抜こうとしたら、またまたぶちっと切れてしまいました。ふつうのネギよりも根がしっかり張っているようで、シャベルなしにはそうそう抜けません。
もう1本はちゃんとシャベルで周りを掘って抜きましたが、そしたらなんと、敵発見!!
ヨトウムシ!
ネギの根元にぬくぬくと!!
まさかネギにつくなんて思ってなかったので全く気づいていませんでした。
即、米ぬかをまき散らしてきました。しかしこの寒いのに、ヤツら、夜になってからご飯食べに出てくるんですかねえ?

里芋は一応掘り出してみたんですが、大丈夫そうだったので2株分だけにして、あとは土をもう少し厚めにしてきました。
なんとか正月まで乗り切ってくだされ・・・
[PR]
by daphnid | 2010-12-19 17:05 | 2010年秋冬 | Comments(4)

謎のズッキーニ

うちのズッキーニ。
2株もらって、1株購入して、購入した1株は軟腐病らしき病で倒れてしまいました。
その後、残った2株のうち1株も調子が悪かったのですが、ここのところ雨がほとんど降らないせいか、元気になってきました。
調子の悪いあいだはずーっと、せっかくたくさんついた雌花が腐って落ちていたのですが。
で、元気になってきたら雌花はあまりつきません。
家人いわく「調子が悪いから子孫を残そうと思って雌花を付けてたんじゃないの?」
そうかもしれません。

そしてわりと調子よくきていたもう1株ですが・・・こちらはあまり雌花がありませんでした。
葉っぱがわさわさと茂っていて、黄色が全く見えない=雄花もあまり咲いてないという状態で。
時々のぞくと、「これから咲くつもりなんです」という、まだ緑色の雄花がついているという感じでした。

が。
先日見たら、大きな実があるではありませんか。こりゃラッキー!でもよくよく見たら・・・
花がまだ咲いていないんです。
なのに実の部分が大きくて・・・
そのうち咲くかなと思ってほっておいて、今日行ってみたら・・・

d0160852_9371170.jpg


まだ咲いてない!!
収穫できそうなサイズで発見して、すでに1週間くらいたっています。そしてさらに大きくなっています。
なんとなく先っぽがたよりなく細くてしわしわしているところが気になります。


d0160852_937327.jpg


そして近くにもう一本、似たような実、じゃなくて雌花が。
これ、もし開花受粉したらいったいどれだけ大きくなるのでしょうか?

結局ふたつともそのままにしてきましたが、今収穫して食べてしまうべきだったのでしょうか・・・?

養殖キアゲハ情報
下仁田ネギのなかに1本だけあったニンジンに、1匹ついていたので「じん太郎」と命名した幼虫、いなくなっていました。鳥に取られてしまったようです。
ディル子、ディル助は順調、ディルからイタリアンパセリに引っ越したディル男改めパセ男はいなくなっていました。
そのかわり、イタリアンパセリに1齢幼虫がいました。パセ男2と命名したものの・・・育つかなあ?


本日の作業覚え書き
えだまめ跡地 マルチはがし、荒おこし(結局あきらめました)
いんげん跡地 マルチはがし、荒おこし、苦土石灰まき
ズッキーニ うどん粉病の葉っぱかき
[PR]
by daphnid | 2010-08-12 09:38 | 2010年夏 | Comments(4)

北関東在住の会社員ミジンコによる、試行錯誤の家庭菜園


by daphnid