カテゴリ:2012年秋冬( 27 )

天日干し(というより一夜干し+エアコン干し)してから漬けたザーサイを食べてみました。

軍配は天日干し〜〜〜〜


キャベツ臭さもないし、間違いなくこっちの方が美味しいです。
やっぱり少し水分を抜いてから漬け込む方がいいということかもしれませんね。

ちなみに、こちらも袋から取り出す前に揉んだものと、そのまま出したものとで食べ比べてみましたが
揉んだ方がザーサイの食感になります。

ということで、ザーサイ浅漬けのまとめは
1.ザーサイは天日干ししてから
2.ちょっと漬かった時点でよく揉んでつぶしておく
3.塩分濃度は7%

です。
あとは浅漬けにするときに昆布入れるとかの工夫をしても良いかも知れません。今回は塩だけで漬けましたので。


そうそう、芹の生き残りは数本ですが、元気に育っています。

d0160852_12423661.jpg


やっぱり乾燥に弱いみたいなので、4月頃に畑に定植しようと思ってます。
[PR]
by daphnid | 2013-02-24 12:43 | 2012年秋冬 | Comments(6)

ザーサイ、大実験!

強烈な風が吹き荒れた翌日・・・
畑に行ってみたら、みなさんシナシナになっておりました。
雨は降らない、天気は良い、その上風が吹き続けているんじゃ乾燥してあたりまえですね。
そして気温が低いですから、ダメージははかりしれません。

白菜のトンネル支柱が折れてしまったので(古かったですが)、ビニールもはがしてしまいましたが
その後急激に気温が下がったので、どうなったか心配ではあります。

カブも全部抜きました。まわりにくっついた泥が凍っていました。

ザーサイも元気なくしおれておりましたので、このままにしておいては凍ってだめになるかも・・・
という危機感から、ついに抜きました。

d0160852_7502164.jpg
d0160852_7503524.jpg


いまひとつ、コブコブした感じがしませんが、一応茎は太ったということで・・・

さっそく調理です。
葉っぱは落として、こんな感じ。根元が傷みかはじめてました。やっぱり凍っちゃってたんですね。抜いてしまって良かった。
においはブロッコリーみたいです。さすがアブラナ科。

d0160852_7505212.jpg



簡単に切れる部分と、やたら硬い部分があります。
ブロッコリーも根っこと茎の境目くらいはとても硬いので、そういう場所なのかも・・・
そこも食べるのかどうなのか、よくわかりませんが、貴重な品なのでこのさい全部使ってみることに。

d0160852_751876.jpg


中は空洞になっているところもあります。これ、良いのか悪いのか・・・?

d0160852_7512522.jpg


今回作るのは浅漬けですが、ザーサイ漬けは2,3日天日干しするという情報を得ましたので、
半分はそのまま漬けて、半分は天日干しにしてから漬けることにしました。どっちがいいのかよくわからなかったもので。
すぐ漬けの方は、塩分濃度7%の塩水をビニール袋に作ってそこに放り込みました。重しはなしです。
天日干しの方は、適当な大きさに切って、ざるに並べました

d0160852_7514064.jpg



一晩外に出しておいて、その後は雨が降っちゃったので家の中で、エアコンの風があたるところにおいてみたら、2日でこんなに水分が抜けました。

d0160852_7515173.jpg


干したあとは同じく塩分濃度7%の塩水に、袋に入れて放り込み、冷蔵庫へ。
このタイミングで、そのまま漬けの方はもうできていますので、試食いたしました。
ちなみに、この中でもさらに対照実験を行いました。ザーサイのザーの字(搾、みたいな字でしたよね)は、「ぎゅうぎゅう押し込む」とかそういう意味があるらしく、自家製ザーサイにトライした方のブログでは、ぎゅうぎゅう押し込んだものと、押し込まずに漬けたものでは食感が違ったとのこと。こりこりした食感は、押し込む作業あってのものだったとか。
ということで、袋から取り出す前にぎゅうぎゅう揉んでみました。
刻んでゴマ油をかけてみたのがこちら。

d0160852_752342.jpg


肝心の味ですが・・・
「キャベツの芯の漬け物食べてるみたい」
でした。
おっかしいなあ、何がいけないのかなあ・・・
市販のザーサイ浅漬けはもっとずっと美味しかったのに・・・

ぎゅうぎゅう揉んでから刻んだものは、確かにザーサイっぽい食感がありました。揉まなかった方はしゃりっとしていて、まさに食感までもがキャベツの芯でした。でも、もともとの部位のもんだいかもしれません。

決して美味しくないわけじゃないけど、私の知ってるザーサイ浅漬けじゃない〜〜〜

というところで実験その1は終了です。

天日干しした方もそろそろ食べられるので・・・近々レポートいたします。
[PR]
by daphnid | 2013-02-17 07:46 | 2012年秋冬 | Comments(0)

少しずつ片付け

少しずつ日がのびてきて、花粉も飛ぶ時期になりました。
早く冬野菜を片付けたいところではあるんですが・・・

スティックセニョールはひょろひょろしてはいるものの、収穫できました。
これでお弁当の青みは大丈夫そうです。

玉ねぎとニンニクに追肥をしました。
化成肥料を株元にひとつまみ落として、浮き上がった苗ごとグッと指で押しつけて・・・と繰り返していたら、






ズボ



またモグラかーっ!!!!


玉ねぎもニンニクも食われてはいないみたいで葉っぱは青いししおれていませんけど、すぐ下が空洞じゃ根っこの張りようがないですよね。トンネルの上の苗はみんな生育が悪いです。
しかしどうにもなりません。モグラよけ、どうしたらいいんでしょう?
忌避剤は効かないというような情報も見ました。先日の嫌がらせは効いたのかどうかわかりませんし・・・

とりあえず、あまりお金をかけない嫌がらせとして、正露丸をトンネル内に転がすというのがあるようなので、次に行ったときにやってみようと思います。


ザーサイはまた少し大きくなっていましたが、悩んだ結果、あと1週間くらい様子を見てみようと思って、収穫しませんでした。売ってるザーサイってもっとボコボコしてるように思うんですよね(漬け物になってる中華ザーサイですが)

d0160852_2129918.jpg


寒いのに葉っぱも結構茂っていて、しかも、鳥に食われていないのが不思議です。
ピリッと辛いという話なので、それで敬遠されてるのかもしれません。

d0160852_2129478.jpg



ミニ大根が4本残っていたのですが・・・土から露出した部分が凍傷になって傷んでしまいました。
全部抜いて、ダメな部分だけ切り落として持って帰ってきました。
白菜は開いてしまったのが3つ、これはトウ用に残すことにして、巻いたのの最後の1個を収穫しました。

ロマネスコは未だに気配なし。
2月末くらいには耕耘機かけたいんだけどなー
[PR]
by daphnid | 2013-02-11 21:23 | 2012年秋冬 | Comments(6)

春の準備をしなくては

そろそろ畑の片付けモードにはいらなければ・・・ということで、あまり残っていないけど、収穫をしてきました。

ほうれん草、乾燥で黄色っぽくなっているところに、鳥の攻撃でかなり痛々しい姿になっていましたが、全部取りました。
(食べたらものすごく甘かった−!つくづく、もっとまいておけばよかったと思います)


d0160852_6434584.jpg


スティックセニョールとロマネスコは、鳥の被害が増えてきたので今さらですがネットをかけました。
スティックセニョールは丁花蕾を収穫しましたよ!本当はもうすこしすーっと伸びてからなんだと思いますが、食べられるうちに・・・ということで、寸詰まりのブロッコリー状態でしたが、とってしまいました。
ロマネスコの方は・・・3月くらいに食べられるといいなあ、くらいの感じです。

d0160852_6435520.jpg


白菜が心なしか開いてきてるような気がして、これは、トウ立ちの前兆でしょうか。早いところ食べねば。
あと3株くらい残ってますが、全部開き気味です。

d0160852_644319.jpg


期待のザーサイですが、根元がだいぶふくらんできました。
こちらもトウがたつ前に収穫しなきゃです。2月なかばくらいかな?と思ってます。

ほうれん草を取ったあとは掘り返しておいたのですが、土がキラキラしてて・・・凍ってるんですね。
グリンピースもだいぶだめになっていました。4月の追加まきは必須かも・・・

すでにホームセンターではジャガイモの種芋が売られ始めました。
インカは買うしかないとして、十勝コガネ、うちにあるしわしわジャガイモを使ってしまおうかなあ・・・と考え中です。
[PR]
by daphnid | 2013-01-27 06:42 | 2012年秋冬 | Comments(4)

芹に初挑戦

私は芹をどっさり入れたきりたんぽ鍋が大好きなのですが、芹ってお高いんですよね。
自分で作って食べきれないほど収穫してみたい野菜ですが、水辺でないと作れないと思い込んでいました。
ところが!
畑でも作れるというではありませんか・・・!!

しかし、芹の種というのはどうやら市販されていないらしく
かといって地元の用水路で採取してくるのはキケン(毒ぜりと間違えたくない)なので、市販の芹の根っこを植えつけようと思ってはいたのです。

しかし・・・
うちの場合、芹の根っこがスキだという大問題が(^^;)

それで毎回食欲が優先されて先延ばしになり、芹は植えられないままでしたが
先日、ついに食欲に打ち勝ちました。

茎を5cmほど残して切り落とし、コップの水に差しておいたら葉っぱが伸びてきましたので
本日、ポットに移植してみました。

d0160852_1418062.jpg


うまく定着してくれるといいのですが。


それから、雪のあと初めて畑を見に行ってきました。
トンネルは無事でしたが、例によって、玉ねぎのマルチが相当浮き上がっていました。
ペグを思いっきり踏み込んできましたが、気休めでしょうかね。

本日の収穫

d0160852_14193642.jpg


白菜は10株中9株が無事巻いてくれました。スカスカはしてますが、贅沢は言いません。1ヶ月遅れの定植でしたから。ビニールトンネルで挽回できるとわかっただけで充分です。
にんじんは地上部は枯れていましたが根っこは元気でした。
白菜の上に見える小さい芽は、のらぼうです。春になったらイッキに伸びてくれることを期待しております。
[PR]
by daphnid | 2013-01-19 14:23 | 2012年秋冬 | Comments(8)

雨が降る前に・・・

三連休の最終日は雨が降るらしい・・・というので
畑がぐちゃぐちゃになる前に、収穫にいきました。

埋めてあったゴボウを全部抜いて
ミニダイコンを抜いて
取るつもりはなかったけど、カブがそれなりの大きさになっていたので3つだけ抜いて。

前回根元をかじられて倒れていたブロッコリーはもちなおしていました。
嫌がらせが効いたのかどうかは不明です。

今さらながら、玉ねぎの根元にもみがらくん炭をまいて、浮き上がった根っこをぎゅーっと押さえて・・・たら


ズボ


・・・・・・玉ねぎ直下までモグラトンネルが。
ぽっかり穴なんじゃどれだけ押し込んでもどうにもなりませんので、その株(というかまだほとんど苗ですが)は抜いて別の場所に植え直しました。

そうそう、玉ねぎのマルチが半分、べろーんと剥がれていたのがショックでした。
マルチの端っこは土に埋めてあったので、ペグをあまりとめていなかったのですが
どうやら・・・・

マルチの上にある土が乾燥して軽くなる
マルチの下にある土は湿気があるので、寒さで霜柱が立つ
マルチ浮き上がる
埋めてあった裾の部分が引っ張られて出てくる
風がふいてはためいてさらに引っ張られて出てくる
霜柱でペグも持ち上がる
ペグの「かえし」がマルチをひっぱりあげる

などの条件が重なり、勝手に「背中出た」状態になったと考えられ
もう、きいいいーっ!!!と言いながらペグだらけにしてきました。
どうせまた霜柱でペグが上がっちゃうんですけどね。

あちこちの浮き上がったペグは踏んづけて元に戻しましたが・・まぁ、どうせ3日もすれば元通りに・・・

チコリは寒さと乾燥にやられたのか、枯れてしまいました・・・
また今年もチコリ栽培は失敗ですね。次は夏くらいにまいて、十分に根っこを太らせてみようかと思います。

d0160852_1130217.jpg

[PR]
by daphnid | 2013-01-13 11:26 | 2012年秋冬 | Comments(0)

廃物利用?

本日、晴れてきたのでいそいそと畑に行きました。
そしたらば白菜のトンネル横、それからほうれん草の畝の横にこんなものが・・・・

d0160852_758884.jpg


・・・これ、ハクビシンのフンですかねぇ・・・
とりあえず猫じゃないし、ウサギでもないし、タヌキのはもっと大きいし・・・
なんでヒトの畑の通路のしかもど真ん中でトイレしますかね? せめて猫なみに土をかけていくとかできませんかね?

さらに、なんだか白菜トンネルの中が変な感じ・・・
真ん中にあった2株は先日収穫しましたが(傷みが出ていたので優先してとりました)
周りの雑草とかカブとかの葉っぱがやけに倒れてるんです。

d0160852_7583549.jpg


もしかして・・・ハクビシン、トンネルのすそが開いてるのをいいことに、ねぐらにしてるとか!?
(そんなことはないと信じたいですが)

なんだかなーと思いつつ、スティックセニョールのつぼみサイズを確認しにいったら、
1株倒れてました。
風の強い日はあったけど、一株だけ倒れるってどういうことかしら?と思いつつよく見たら・・・

やられた!

d0160852_805116.jpg


根元が半分かじられてます。
しかもそこに大穴・・・手を突っ込んでみたら、横に深くトンネルが・・・
モグラかネズミか!?
でもモグラにしては、掘り出した土が周りに盛り上がっていませんので、たぶんネズミ。
ううう、かなり成長のいい株だったのに・・・!!

d0160852_823791.jpg


腹が立ったので、報復することにしました。

ええ、先ほどのハクビシンの落とし物、あれを拾って、この穴に放り込んでさしあげたのであります。
ネズミにせよモグラにせよ、ハクビシンのフンの匂いがすればもう戻って来るまい・・・!
ハクビシンには夏にトウモロコシも全部進呈したし、テントも提供してるんだからこれくらい役に立ってもらわないと。
さて、この嫌がらせ、効果がありますか、それとも嫌がらせの倍返しが来るか・・・・?


その他、サトイモを全部掘り出しました。雨もよく降ってるので、埋めておくと凍って傷みそうな気がしたので。
今年のサトイモは、あまり数は取れませんでしたがひとつひとつのお芋が大きくて形が良かったです。
種イモが小かったし、数が少なかったことを考えると上出来でした。
今年はマルチをはがすのが面倒になって、水やり用に大きめに穴をあけただけにしてあったのですが
それがかえって乾燥を防いでくれた・・・のかも?

親イモだけ埋め戻してきました。来年もがんばってもらいましょう。
わらがあれば良いのでしょうが、ないのでそのまま埋めて来ました。凍らないで冬を越して欲しいです。
[PR]
by daphnid | 2012-12-29 15:37 | 2012年秋冬 | Comments(0)

巻いた!!

10日ぶりの畑、行ってみましたところ・・・

白菜が巻いていましたああ!

d0160852_1144226.jpg


もちろん、みっちり、じゃなくてゆるゆるの甘い巻き具合でしたけど、いいんです、巻いたからいいんです!
一重の、裾開放つんつるてんのトンネルでも、あるとないとじゃ大違いなんだということがよーくわかりました。
今日もテントウムシがトコトコ歩いていました。
そのおかげなのか、白菜に全然アブラムシがついてないのもありがたかった! 肥料過多にならないように気をつけはしましたが、それでも毎週追肥したりしてて結構肥えてると思うんですけどね。

本日の収穫〜〜〜

d0160852_11434833.jpg


ころ愛大根もいい具合に太ったし、ちょっと霜に負け気味だけどほうれん草も取れたし
オータムポエムもまだなんとか持ちこたえていたし。
トンネル内のカブも順調だったので、予定外だったけど間引いてきました。こんなことなら昨日カブ買うんじゃなかった(嬉しい悲鳴)
写真で見ると白菜が立派に見えますが、これ、ミニ白菜です。1つ1キロないです。大根の長さも15センチくらいです。両方とも食べきりサイズなので便利です。

チコリは全然成長しておらず、この冬に軟白栽培は無理っぽいです。種まきが遅かったな・・・来年は夏くらいにまいてみて、大きくしてみようと思います。

ザーサイ様は順調そうでした。

d0160852_11461693.jpg


根元はこんな感じ。まだまだ太ってもらわないと、ザーサイっぽくないですね。

d0160852_11465444.jpg


あとは残念なことに、玉ねぎの苗が半分消滅してました。自分で育苗したアトンはそうでもないんですが、買ったネオアースが・・・50本植えたのに、28本しか残っていませんでした。がっかり・・・
[PR]
by daphnid | 2012-12-24 11:48 | 2012年秋冬 | Comments(2)

サトイモ掘りました

土曜日は寒かったですね。
朝からどんより曇っていて、雨も降って、気温は低いし・・・
さらに夜になったら晴れてしまって月が冴え冴えと。こういう時は翌朝霜がバッチリ降りるわけで・・・

d0160852_2115528.jpg


今朝は朝から晴れていたけど、畑にはまだ溶けていない霜柱が・・・
そして、どんな本にも「霜が降りる前に収穫を」と書いてあるサトイモ様はといえば

d0160852_2117330.jpg


今朝ダメになったワケじゃなくて、先週くらいからかなり寒かったのでどんどん弱っていったんでしょうけどね。
霜でしおれたとかそういうんじゃなくて、一度しっかり凍ったとみえて、茎はとろけかかってました。


茎を切り離し、掘り上げて・・・と思ったけどまた土が重たいこと。
一度掘り上げたあと、穴を掘ってまた埋め直しました。でも土が重くてあまり深く掘れなかったので、油断したら凍ってしまうかもしれません。早く食べなくちゃ・・・

一部持ち帰ったサトイモは、ゆでてつぶして、和風ポテトサラダ(じゃなくてサトイモサラダだけど)にしました。
ささがきゴボウとベーコンを炒めたのを加えて、醤油マヨネーズであえます。なかなか美味しかった!

d0160852_21223017.jpg


その他には、アスパラ苗(家で種から育てていたもの)を2株植えつけてきました。
以前ためしに1株植えつけたのはきちんと根付いて元気そうだったので。
植えつけてから2,3年しないと収穫出来ない、というのでその時間を惜しんで大苗買っては植えつけて
そのたびダメにして結局3年くらいたってますが、
こんなことなら種から作る方が結果的に早かったのかも。


トンネル内の白菜はまた少し大きくなっていました。
テントウムシが元気に働いていたのでやっぱりちょっとは暖かいのでしょうね。
[PR]
by daphnid | 2012-12-02 21:24 | 2012年秋冬 | Comments(2)
2週間ぶりの畑では・・・


白菜が育ってた!!
すきま風スースーのビニールトンネル(一重)でも、やっぱり違うのかも!?

d0160852_18171978.jpg


ちょっとだけ巻いてきてたので、追肥をしてきました。
このまま巻いてくれないかなあ〜〜〜(^^)
アブラムシもいなかったし、期待大きいですよ!

なんて、虫のいいこと考えてますが、お隣の畑の白菜なんかは・・・

d0160852_18181875.jpg


レベル、全然違うし。
触ってみたら、ずっしりしてたし。
そして、近所の農家のおじさんがちょうど白菜を収穫してて、1つ頂きました。
3キロくらいありそうな・・・

まあ、希望をもつことは悪くないコトですよね!!
[PR]
by daphnid | 2012-11-24 18:20 | 2012年秋冬 | Comments(9)

北関東在住の会社員ミジンコによる、試行錯誤の家庭菜園


by daphnid